daniel-yangのブログ

メインブログ「受動態」(読書感想文ブログ)とは異なる内容を気まぐれで記します。

本を読んだ

ウソばっかり! 人間と遺伝子の本当の話 / 竹内久美子 著 ワニブックス2018/6 を読みました2

daniel-yang.hatenablog.com メインブログに書いた読書感想文の続き。 本書 第3の部屋 印象 8つめ(ラスト)の話題「体育会系の部活などで、上下関係が厳しいのはなぜ?」 雌鳥の順位決定までの消耗と、決定後は決して変更に挑戦するものが現れない例を挙げ…

彼女は頭が悪いから/姫野カオルコ 著 を読みました。5

photo : Daniel Yang「室戸岬から眺めた落日」 気になっていた東大でのブックトーク。 その様子がandre1977さんのブログ andre1977.hatenablog.com で窺い知ることができました。(鵜呑み) なるほど、小説の専門家でもなく(文学者ではない) 犯罪心理の専…

彼女は頭が悪いから/姫野カオルコ 著 を読みました。4

daniel-yang.hatenadiary.jp の続きです。 まとめる意味で、この小説の粗筋を(僕の理解で)綴ると、三部構成として説明できます。 初めて大人の恋愛を体験して、世界は輝きを増しました。 相手の男が別の女に気が移り、邪険に扱われるようになり、エスカレ…

彼女は頭が悪いから/姫野カオルコ 著 を読みました。3

#彼女は頭が悪いから ブックトーク、会場の東大教員の中でも意見が異なった。小説を"ファクトチェック"し「東大を貶めるために書かれた本」と読むのか、「偏差値や学歴だけで人の価値をはかる社会で人が抱える抑圧や欲望が最も醜悪な形で表れた事件をどう読…

彼女は頭が悪いから/姫野カオルコ 著 を読みました。2

photo by Daniel Yang 2017/12/2 at 北川村「モネの庭」マルモッタン PENTAX K-x 30mm, 1/100秒 f/11.0 彼女は頭が悪いから 作者: 姫野カオルコ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 随分話題…

いつもポケットにショパン

NHKの朝ドラに駆られて久々に読み返しました。 ドラマは北川悦吏子作。僕がフォローしている岩井俊二のリツィート 半分、青い なぁ pic.twitter.com/fAXMDcIB23 — 森本千絵 (@morimotochie) 2018年3月27日 に誘われて、第一回から毎日欠かさずに見ています。…

青空と逃げる 辻村深月著を読みました。2

しつこく四万十川に行ってきましたよ。 前編はこちら daniel-yang.hatenadiary.jp 青空と逃げる (単行本) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る お母さん(早苗)と小5の少…

青空と逃げる 辻村深月著を読みました。

佐田沈下橋から眺めた四万十川 PENTAX K-x 18mm 1/160sec f/11 2018/5/12 16:37 青空と逃げる (単行本) 作者: 辻村深月 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る を読みました。 切っ掛けはカ…

後世への最大遺物(内村鑑三)を読みました。

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫) 作者: 内村鑑三 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2011/09/17 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 47回 この商品を含むブログ (60件) を見る amazonに書いたレビューをコピペするのも、我ながらどうか、と…

amazonのベスト1000レビュアーになりました。(すぐ圏外になるかも知れないけれど(^_^;)

amazonでは漢字表記で「楊」と名乗っています。 苦節二十年。ようやくamazonのベスト1000レビュアーになりましたヽ(^。^)丿 記念に(1000位圏内にいるうちに)「参考になった」票の多い商品を票の多い順に(10票以上ゲットレビューまで) ご紹介してみようと…

徳冨蘆花「自然と人生」を読んでいます。

熊本の震災の報に接し、熊本県出身の作家作品を読もうと思い、手に取りました。 自然と人生 (岩波文庫) 作者: 徳富蘆花 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1933/05/25 メディア: 文庫 クリック: 14回 この商品を含むブログ (2件) を見る この作品から第5回…

失敗納め。

温泉に浸かる猿が有名な長野県の地獄谷温泉。 来年の干支ですな。 昨日、読みかけの本について書きました。 daniel-yang.hatenadiary.jp 227pまで読んだ時点で、記しました。 「『毒親』は、親に限らなければ、案外ポピュラーに見かけられるタイプの人間です…

毒親タイプ

謎の毒親 作者: 姫野カオルコ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/11/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る まだ、途中までしか読んでいないのですが、毒親タイプについて思うところがあるので一言。(まとめて感想を…

太宰治作品でオススメ。「ロマネスク」

「ロマネスク」がオススメです。 ロマネスク 作者: 太宰治 発売日: 2012/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 教科書に載っている「走れメロス」 走れメロス 作者: 太宰治 発売日: 2012/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見…

整形美女/姫野カオルコ を読んでます。

整形美女/姫野カオルコ を読んでいます。 むろん、単行本発行時に読んでいたのですが、光文社文庫で新たに発行されたので、読んでいます。 整形美女 (光文社文庫 ひ 18-3) 作者: 姫野カオルコ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2015/05/12 メディア: 文庫 …

姫野カオルコ「部長と池袋」(光文社文庫2015/1/20)を読みました。

部長と池袋 (光文社文庫) 著者 : 姫野カオルコ 光文社 発売日 : 2015-01-08 ブクログでレビューを見る» マニア垂涎の一冊。今まで単行本などに未収録だった作品を一堂に集めた文庫オリジナル。初期の(処女三部作(※)以外の)作品に通じる味わいがあり、昔…

小僧の神様の倫理観とは?

他人の子供にお寿司をご馳走して良いですか? 小僧の神様/志賀直哉 のあじわい - daniel-yangのブログ 寿司をおごるAが感じる淋しさは、倫理に反したことを危惧した結果ではないか。と記しました。 小僧の神様/志賀直哉 のあじわい - daniel-yangのブログ …

小僧の神様/志賀直哉 のあじわい

読みました 「小僧の神様」を久しぶりに読みました。 小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫) 作者: 志賀直哉 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/04 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 96回 この商品を含むブログ (82件) を見る 記憶の中の「小僧の神様」 …

夏休みの宿題「読書感想文」にオススメ。安部公房の短編「洪水」(短篇集「壁」に収録)

安部公房の短編「洪水」をオススメします。 新潮文庫の短篇集「壁」に収録されています。 壁 (新潮文庫) 作者: 安部公房 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1969/05/20 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 136回 この商品を含むブログ (162件) を見る 中学生…

幕末水戸藩の残念な目標設定/150回直木賞受賞作「恋歌」朝井まかてを読みました。

【恋歌を読みました】 恋歌 作者: 朝井まかて 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/08/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (26件) を見る Kindle版もあります。 恋歌 作者: 朝井まかて 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/09/27 メディア: Kindl…

責任を追及すると、開発日程が遅れます。

反省させると犯罪者になります (新潮新書) 作者: 岡本茂樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/05/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る 本書の内容は後回しにして、SEの友人から聞いたお話を紹介します。 SEは、システム・エンジニア…