daniel-yangのブログ

メインブログ「受動態」(読書感想文ブログ)とは異なる内容を気まぐれで記します。

地球33番地に行きました。

こんばんは。だにえるやんです。
高知市に北緯133度33分33.333秒、北緯33度33分33.333秒の地点があります。
f:id:Daniel_Yang:20171118232407j:plain
googleの地図では、ここ
年賀状ネタを考え始めました。
「そういえば、地球33番地てのがあったな。」
と思い出しました。そこで、尋ねてみることにしました。
 
会社の地元採用の方にあらかじめ聞いたところ(どこの地方都市でも同じだと思うのですが)徒歩は推奨されませんでした。
「歩いたら、えらい遠いですよ。近くまで自家用車で行ったら?」
とアドバイスを受けました。
が、僕は鉄道=JR土讃線に乗って行き、土佐一宮駅で下車。歩いて行きました。
googleの経路検索では高知駅から地球33番地までは1.6km。徒歩21分。
これを
「歩く距離だよね。」
と思うか
「歩くには遠い。」
と思うかは、人それぞれ。
土佐一宮駅で下車したのは、途中ものづくり総合技術展に寄るためです。
僕が勤務する会社も参加していました。
チラ見した後、高知市中心部を目指し、歩いて行きました。
てくてく歩いて行くと、先ず歯医者さんがありました。
f:id:Daniel_Yang:20171118232447j:plain
近くまで来たようです。
f:id:Daniel_Yang:20171118234812j:plain
川辺に出ました。鴨が沢山泳いでいます。
四国は沢山の構造線に沿って東西に流れている川が多いです。
これは、江の口川
北には、久万川。
南には、鏡川。
それぞれ西から東に流れています。
デッキがありました。
f:id:Daniel_Yang:20171119000517j:plain

降りてみます。

f:id:Daniel_Yang:20171119000547j:plain

歩いて行きます。

f:id:Daniel_Yang:20171119000613j:plain

モニュメントが見えてきました。

f:id:Daniel_Yang:20171119000701j:plain

意外と街中にあるのだな。と思いました。

f:id:Daniel_Yang:20171119000734j:plain

宇宙的なデザインのモニュメントです。

f:id:Daniel_Yang:20171119000803j:plain

モニュメントは、川のほぼ中央。桟橋が架かっていて歩いて行けます。

f:id:Daniel_Yang:20171119000848j:plain

モニュメントの「33」の文字は、川の流れに向いていて、こちらからは見えません。

f:id:Daniel_Yang:20171119000937j:plain

近づいて

f:id:Daniel_Yang:20171119000953j:plain

近づいて、

f:id:Daniel_Yang:20171119001016j:plain

下から眺めてみました。凝った造形です。

写メに撮るなら、こんな感じが良いでしょうか。

f:id:Daniel_Yang:20171118232407j:plain
下には方位図があります。

f:id:Daniel_Yang:20171119001745j:plain

 再び鴨の群れがやってきました。

f:id:Daniel_Yang:20171119001819j:plain

f:id:Daniel_Yang:20171119001828j:plain

一旦離れます。

f:id:Daniel_Yang:20171119001854j:plain

f:id:Daniel_Yang:20171119001907j:plain

f:id:Daniel_Yang:20171119001931j:plain

岸に戻ると、表示がありました。

f:id:Daniel_Yang:20171119001952j:plain

なるほど。

石碑もありました。

f:id:Daniel_Yang:20171119002020j:plain

なにやら書いてあります。

f:id:Daniel_Yang:20171119002044j:plain

なるほど。この碑はモニュメントを作る前に、作られたようです。

f:id:Daniel_Yang:20171119002128j:plain

石碑に溝が掘られています。

f:id:Daniel_Yang:20171119002150j:plain

溝に沿って向こうを見ると

f:id:Daniel_Yang:20171119002215j:plain

なるほど。モニュメントと向こう岸の道標が一直線。

対岸に行ってみましょう。

f:id:Daniel_Yang:20171119002314j:plain

西の橋からモニュメントを眺めるとこんな感じです。

渡って、再びモニュメントを眺めてみます。

f:id:Daniel_Yang:20171119002408j:plain

 こちら岸には、道標が建っています。

f:id:Daniel_Yang:20171119002603j:plain

電信柱はクリニック地球33番地がスポンサー表示があります。(地元貢献ですな。)

立派な道標です。

f:id:Daniel_Yang:20171119002642j:plain

表示を読むと、

f:id:Daniel_Yang:20171119003445j:plain

先ず、昭和37年(1962年)に高知ロータリークラブがこの道標を建て、

f:id:Daniel_Yang:20171119003508j:plain

次に、平成4年(1992年)に高知県によって対岸の石碑が建てられ、

次いで平成5年(1993年)やはり高知県によって江ノ口川の中にモニュメントが建てられた。

と言うことのようです。

公式サイトがあります

chikyu33.net

道標の足の間からモニュメントを覗いてみました。

f:id:Daniel_Yang:20171119003539j:plain

と、言うわけで、年賀状ネタにはしづらいことが判明しました。

そこで、ブログネタにしました。

帰りは、やなせたかしイラストの鉄道です。

f:id:Daniel_Yang:20171119003639j:plain

 さて、年賀状ネタを探しに明日(日曜日)もどこかに行ってみましょう。オヤスミなさい(^.^)/~~~