daniel-yangのブログ

メインブログ「受動態」(読書感想文ブログ)とは異なる内容を気まぐれで記します。

「ありがとう」と言われる人でなくて良い。「ありがとう」と言う人になりたい。

♪人様に「ありがとう」と言われる人でなくて良い。♪
「ありがとう」と言う人になりたい。
誰か、人気歌手が歌ってくれないかしら。
いや、この日記を読んでくれた方が歌にしてくれたら、それで結構です。
「それ、俺が日記に書いたんだよ。」とも言いません。
 
以前、mixi日記に、
「いいね」
をもらえる企業を目指すってどうなのかしら?
と書いたところ、今でも時々アクセスがあります。
アクセスがあったのを機会に読み返してふと、思いました。
 
人に「ありがとう」と言われると嬉しいですよね。
だとしたら、僕は「ありがとう」と言う人になろうじゃないか。
と思った秋の夜長なのでした。
 
ーーーーー
 
高校の同級生からもらったメールに、
> 11:00実家立ちより。電気配線工事
と、会う日の事前の予定を告げるものがありました。
 
僕の実家の場合は、父親が(理系の同じ大学卒なので)意地でもテレビやビデオの配線は父親が自分でやります。よって、僕は実家で活躍する機会を持ちません。
 
でも、学生の頃は、季節の挨拶や、新入学、卒業、保証人の依頼などで親戚に挨拶に行くたびに、
「だんちゃん、テレビ映らないの(T_T)/」
と診断を請われ、親戚中のテレビの配線(たいがい、アンテナ線の配線)を観て回り、
「あら、映った。嬉しいわ。ありがとね。」
と言われる機会が季節ごとに巡ってきたものです。
 
親戚に限らず、サークル(僕は、自分の学校のサークルに属さず、近くの有名大学の文系校舎のあるサークルに属していた)の仲間から、テレビの他にも、アンプの修理、単なる電池の交換、はたまた、タンスの組み立てなど色々依頼されました。
練習スタジオに行っても
「ねぇ、弱電わかる人居ない?」
と尋ねられて
「化学系ですが見てみます。」
と、アンプの裏面を見て、マニアックな真空管を目にした途端「降参です。」とありがとうの機会を逸したことがありました。
 
理系の人なら、多かれ少なかれ、このような機会があるのではないでしょうか。
 
人に頼りにされるのは嬉しいものです。
 
ただ、最近、この類の依頼は、多くが
「PC」
又は
スマホ
関連であり、既に僕よりも、若い高校生くらいの親戚に任せた方がリーズナブルな事が多いです。
ちょっと残念ですが、これもかつて僕の父親が
トランジスタは、わからんな。」
と、真空管で組む電気回路ならわかるのに。
と残念がっていたことに重なり、
世代の交代を感じる次第です。
 
ーーーーー
 
と、言うような日記を書いて、理系のお友達の「そうだね。」「俺もだよ。」と一緒に懐かしむ事を期待しようと思いました。
しかしながら、いざ、日記に記す段になり、思い直しました。
 
人様に
「ありがとう」
と言われる人でなくて良い。
「ありがとう」
と言う人になりたい。
と、趣旨を180度替えることにしたのでした。
 
ーーーーー
 
伝聞で聞く
「恋人や配偶者の不満」
をよく吟味してみると、
結構な頻度でその不満が
「わたしに感謝をしない。」
と言う趣旨である、と気づきます。
 
「俺が、毎日働いて、生活に困らないようにしているのに、俺の働きを当然の勤めとして、感謝しないばかりか、俺が家の事をしないと不満を漏らす。」
と嘆く旦那さま。
 
「私が折角暖かくて美味しい夕飯を作ったのに、なかなか食べに来ないから、冷めちゃったわ。」
と嘆く奥様。
 
プライベートで(プライベートに限らないのだが)、人のためにすることは、当たり前のこととしてするべきだ、と僕は冷静に分析します。
と言うのは、
例えば、旦那。
毎月の給料を生活費として
「ありがたく、使いなさい。」
と手渡す旦那は、かなり嫌みな人だよね。
また、奥さん。
毎日の食事を
「私があなたの健康を思って、少ない食費で工夫しているのよ。」
と、食事のたびに申し述べる妻は、かなりうざったいと思いますよ。
 
それと、本当に「ありがたいな」と思うことは、相手の得意、不得意にかかわらず、自分がしたいと思っていて出来ない事だったりするわけです。
だから、本当に
「感謝してもらいたい。」
と思ったなら、相手の様子をよく観察して、してもらいたいと思っていることを察するか、正直にして欲しいことを聞き出す工夫が必要だと思うものです。
 
でも、たとえ感謝の要求を口に出さなくても、
みな、自分が得意なことで頑張った事は、褒めて、感謝してもらいたいものだよな。
 
と思ったわけです。
 
ーーーーー
 
ならば、僕が「ありがとう」を言おう。
と、今日は謙虚に述べることといたしませう。
 
接客が心地よいお店では、
「まいど、ありがとうございます。」
と、店員から感謝されますよね。
 
間違っても「イイネ」を押して下さい。
とは、要求されませんよね?